心理を司るもの


IT社会を理想郷としていくことが出来るように、様々なデザインを模索して、職場を活性化させていこうとする試みに意識を傾けている企業がいることでしょう。その一例として、自分の仕事場の整理整頓をすることによって、使用頻度の高いものを取り出しやすい所に置いていくなどの工夫をするべきであり、物質的な整理整頓は、とりもなおさず心の整理整頓にも一役買うことにもなるのです。

それだけ、よく使うものが手元にあるということは、探すまでの時間を短縮できたという結果の表れであり、精神的な負担を軽減できたという達成感が、心の落ち着きを促していくこととなるのです。そうしたことから、デザインのひと工夫が、自分のライフワークを有意義なものにさせていく指針となるのです。

更に、デザインの施しによって洗練された快適な空間が、その人の仕事に傾けていくモチベーションの強化に発展していくのです。それはまるで、気持ち良い空気をめいいっぱいに吸って、自分を取り巻く物の全てに新たな風を吹き込んでいく行為そのものなのです。また、デザインの一新が、視覚的に映るものであることから、その気持ちの良い光景によって、自ずと意識に刷り込まれていき、あたかも楽園を優雅に闊歩しているかのような幸せな時間を共有していくという境地に至ることが考えられるのです。

デザインとは、創造性の産物そのものであるといっても過言ではないものだと感じられていきます。故に、IT業界に求められる創造性の要素として、デザインがあるからこそ、今日の情報化社会があるものだと感じられてくるのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>