日常生活で身近に感じるもの


ITの飛躍的な発展は、私たちの暮らしを劇的に変えていくまでに至りました。
「ソーシャル×IT」で社会問題を解決する!といった国内最新“Social Good”サービス5という見出しがあり、ITの力で社会に変革を起こそうとする躍動感を感じさせます。
ITが更なる飛躍を見せようとするたびに、次はどういったことをするのか予想がつかないくらいに奇抜な発想で私たちに見せていきます。

ソーシャルとは社会的という意味であり、その言葉が出てくるくらいに、IT文明が一つの社会として形成されていったことを意味しています。
情報化社会という言葉もあるくらいに、ITによって私たちの未来の行く末を見定めてくれているかのようです。
社会とのつながりを強固なものとしていくITに対して、ソーシャルメディアという一つの形態が生まれていったのです。

そうしたことから、ITによる社会進出が著しいことを意味しており、そのために私たちが、ITの社会的な規模の大きさを目の当たりにしていくというわけです。
今後ともITによるソーシャルな関わりによって、より一層、日常の大部分が何かしらITとのつながりを感じることとなっていくのでしょう。

ITとつながっているという安心感は、ITの発展があってこそ実感できるものであり、社会的な規模であるITとの関係性は、今後の社会生活に有り続けるべきものなのです。
そして、これからも社会との連携を深めるサービスが広がっていくことに期待しているのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>