つながりが強固な絆へと姿を変える時


SNSは、社会的なネットワークをインターネット上で構築するサービスという意味になります。
そうして考えると、一昔前と比べて、人とのつながりが容易に叶うようになってきたのだと感じます。ネットを介して、人とつながりたいときにすぐつながれるという手間の無さが、多くの人の心をつかんでいると考えられます。

何よりも、人とつながる上でわざわざ自分が移動するという手間がかからないということが最大の利便性を生み出しているのだと思うからです。
そうしたことからIT技術者は、今日のようなつながりを構築していくのを夢見て長い時を刻み続けていく世代を超えて、今日のIT社会を実現してきたのですね。

SNSの特性として挙げられるのが、「人への関与と信頼が基盤」といったもので、ネットを介したつながりは、信頼性が前提となることを主張しています。
そして、「独自のつながりを多様に持つ」ということで、自分がネット上でのつながりの自主性というのを尊重していくシステムであることを焦点に当てています。

最後に「リアル特性とバーチャル特性の混在」で、現実と仮想現実の狭間で生きている我々が、二次元と三次元が織りなしていく世界観と上手く付き合っていくことが大切だと思います。
IT社会と先人たちが築いてきた現実感との共有を図っていくことが、理想的な社会像を生み出していくのだといった印象を感じさせます。
結論として、今まで築いてきた社会との融合が、後のIT社会においての飛躍を後押ししていくことになるものと考えられます。

若いうちから長期に亘りIT社会の最前線で活躍してきた方は、人と社会とで繋がったチェーンがきっと飛躍のチャンスを運んでくるはずです。培ったスキルや経験は未来の社会へ必要とされているのです。しかし、チャンスに不安はつきもの!一歩出た足が止まってしまった方は、ぜひフリーランス応援サイトをチェックしてみてくだい。⇒「こちら」です!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>